内田理央から学ぶカラコンテクニック

内田理央は、カラコンのイメージモデルとなっています。内田理央のような目元に憧れる人は多く、彼女のカラコンテクニックを学びたいという人々から、内田理央は大いに注目されています。自然な、優しいかわいらしさゆえに、ブランドミューズに起用されたわけであり、カラコンを使用しているとは一見してわからないナチュラルさが内田理央の持ち味です。確かに、目をことさら大きく見せようとしているようにも見えません。もともとそういう目なのだろうと感じさせる自然さです。けばけばしさもなく、外人風でもありません。ここから、カラコンの着色直径をほどほどのサイズにしていることがうかがえます。

瞳が大きければ、目が大きく見えやすくなるため、ついことさら大きな着色直径のカラコンをつけたくもなりますが、大きすぎると不自然な感じがし、カラコンを使っていることが一目瞭然になることもあります。一目瞭然であっても気にしない人は多いですが、彼女のようなナチュラルさを保った使い方も十分可能であるということを、CMではアピールしています。彼女がつけるカラコンのサイズは、黄金比とされる1:2:1をかなえるものです。ただ、時にむしろそれよりも小さめではないかと感じさせるほどのナチュラルさが、醸し出されています。カラコンを使っていないかもしれないという印象も受けるほどです。使っているということを感じさせないような、控えめな使い方が、大いに参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です